肌の乾燥はトラブルの元

私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学校の時からニキビに悩まされ、大人になった現在でも、すぐにニキビができてしまうので、顔面のお手入れは意識してやっています。そして、三歳になる息女もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。不憫なことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。遺伝とは恐ろしいものだと思いました。私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、自分でも可哀想になるくらいの状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。先生から、塗り薬を出しますので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の塗り薬を選択してもらいました。ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、肌には強いので、様子が良さそうでしたら塗る頻度を少なくしていかなければならないそうです。顔を洗うのは毎日行いますが、これまではほとんど洗顔料を重要視せずに使っておりました。とはいえ、美容の知識のある友人によれば、毎日使用するもだからこそ、重視しなければいけないとのことでした。うるおい不足な乾燥・小じわが気になる私には、保湿の効果がある成分が配合されたものやエイジングケアが可能なものが向いているそうなので、見つけてみようと思います。シワ防止のためにも、お化粧をした日は欠かさずクレンジングするようにしてください。そうしないと、表皮にダメージを与えてしまい、シワができやすくなります。また、洗顔する時は、洗顔料でしっかりと泡を作って、優しく洗顔をするようにしてください。乱暴な洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワのもととなってしまいます。

吹き出物が出来やすいと苦しまれている方には体質改革に取り掛かることをお勧めします。吹き出物の原因としては甘い物や油の比率が多い食事を食べることが挙げられます。それらを一切体内に取り入れないというのは大変ですが、野菜や発酵食品などを多く摂取する事によって消化能力が増幅し、体質改革にも繋がります。お肌のトラブル、その中でもかゆみの原因は皮膚炎、アトピー性皮膚炎であることも少なくありません。でも、肌の乾燥が原因だということも多いのです。とりわけ日本の冬は乾燥しますから、乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。これを塗ると、かゆみが治まることがよくありますが、長引くなら皮膚科に行って診てもらうことを勧めます。キュッと毛穴を引き締めるために収れん化粧水を用いる人もいますね。皮脂の分泌を食い止めてくれて爽快感もしっかりと感じ取れるので、特に汗をかく夏には助かるアイテムです。使用するときには洗顔後に一般的な化粧水、乳液をつけてから、その後に使うようにします。コットンにふんだんにとって、下から上に向かって念入りにパッティングを行ってあげましょう。食べ物と美容は切っても切れない関係にあるので、体に与えることで美肌を保持することが玄米、ゴマ、魚、シイタケ、豆類、海藻類、イモ類、乳製品、そして野菜や色の強い野菜の中でもトマトやナス、タンパク質を十分に食事に取り入れることで若返りに効果的です。

アンボーテフェミニーナウォッシュ

サブコンテンツ

このページの先頭へ